So-net無料ブログ作成
検索選択

最優秀は激辛「国民にたっぷり仕分けされる夏」(読売新聞)

 読売新聞気流欄「よみうり時事川柳」の投句者でつくる「時事川柳研究会」主催の第27回愛好者大会が25日、東京都内で開かれた。

 参加者の互選の結果、最優秀作品に、福島県会津若松市の開業医遠藤八舞さん(56)の「国民にたっぷり仕分けされる夏」が選ばれた。

 2位には神奈川県横須賀市の無職井上弘さん(67)、3位には千葉勝浦市の会社員加藤義秋さん(63)の作品が選ばれ、それぞれに読売新聞東京本社からカップが贈られた。

裁判員制度は「合憲」=被告側控訴を棄却−東京高裁(時事通信)
鳩山首相不起訴相当 検察審査会の議決要旨(産経新聞)
《妻子に心残りしか》…亡き息子に捧ぐ慟哭4首 JR福知山線脱線5年(産経新聞)
「すべての役職を解く」―製薬協が田辺三菱を処分(医療介護CBニュース)
ヨットのキャビン風、近鉄「ビスタカー」改装(読売新聞)

起し太鼓 1000人の裸男が激しく攻防…岐阜・飛騨(毎日新聞)

 裸男(はだかおとこ)が激しくぶつかり合う勇壮な「起(おこ)し太鼓」が19日夜、岐阜県飛騨市古川町で繰り広げられた。沿道や家々の2階には約3万人の見物客が陣取り、春浅い山間の町並みは荒々しい太鼓の響きに包まれた。

 この日開幕した気多若宮神社例祭「古川祭」の呼び物の一つ。午後9時過ぎ、町中心部の広場に約1000人の裸男が集結。大太鼓を乗せた高さ約3メートルの櫓(やぐら)を担ぎ、2人の男が大太鼓にまたがって太鼓を打ち鳴らした。櫓が古い町並みへ繰り出すと、町内各所で「付け太鼓」と呼ばれる小太鼓を持った裸男の集団が櫓に向かって突進し、櫓を守る裸男との間で激しい攻防を繰り広げた。

 江戸時代、祭りの準備の合図として太鼓を打ち鳴らし、町内を回ったのが始まりとされる。20日は豪華な祭り屋台9台の曳(ひ)き揃(そろ)えが行われる。【宮田正和】

23日から仕分け第2弾=47独法対象、無駄削減目指す(時事通信)
大型連休中の外遊見送り=鳩山首相、「普天間」に専念(時事通信)
都心で41年ぶり遅い雪 上越新幹線運休、交通乱れ(産経新聞)
陛下が種もみまき(時事通信)
東大寺にふすま絵40面奉納=日本画家、5年がかりで制作−奈良(時事通信)

<井上靖>書斎が旭川へ…遺族が生まれ故郷の市記念館に寄贈(毎日新聞)

 作家、井上靖(1907〜91年)が数々の小説を執筆した東京都世田谷区の自宅の書斎、応接間などが井上の生まれ故郷の北海道旭川市に寄贈されることが分かった。市井上靖記念館の横に移築し、調度品や蔵書を含め執筆当時の様子を再現して来年末の一般公開を目指す。

 市などによると、移築するのは、井上が50歳のころに建てた木造2階建ての自宅の一部。井上が主に創作活動に使った約8畳の書斎と約30畳の応接間のほか、執筆用の机や応接セットなどの調度品、数千冊の蔵書が寄贈される。

 今年1月、遺族から「生まれ故郷で全国唯一の公立記念館で保存してほしい」と寄贈の打診があり、西川将人市長が15日、井上邸で遺族に会い寄贈を受けることを伝えた。

 井上は軍医の父が赴任した旭川で生まれ、数カ月後に静岡に移住。京都大学を卒業後、毎日新聞記者となり、49年「闘牛」で芥川賞を受賞。51年に毎日新聞社を退社し作家に専念した。【横田信行】

【関連ニュース
井上靖:日中戦争での従軍日記を公開 18日から静岡で
井上靖:従軍日記、静岡できょうから公開

キトラ古墳 壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)
<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)
「論文不正あった」解雇認める=筑波大元教授敗訴−水戸地裁支部(時事通信)
相鉄車掌キセル、駅員5人も不正認識か(読売新聞)
「シカに矢」男女2人組逮捕「シカ肉は高く売れると聞いた」(スポーツ報知)

女児ら3人はねられ重軽傷 大阪・高槻、飲酒運転の77歳を現行犯逮捕(産経新聞)

 10日午前11時20分ごろ、大阪府高槻市深沢町の国道170号交差点で、自転車で道路を横断していた同市東和町の主婦(36)と小学5年の娘(10)ら女児2人が軽ワゴン車に次々と跳ねられ、病院に運ばれた。市消防本部などによると3人は頭や足などに重軽傷を負ったが、いずれも意識はあるという。車を運転していた男の呼気から基準値を超えるアルコール分を検出したため、高槻署は自動車運転過失傷害と道交法違反(酒気帯び運転)の両容疑で現行犯逮捕した。

 逮捕されたのは、同市城西町の清掃業、三上寛治容疑者(77)。高槻署によると、信号を無視して交差点に進入した可能性が高く、「朝、焼酎を飲んだ。信号をよく見ていなかった」と供述しているという。

【関連記事】
運転免許取り消し処分者 飲酒日記 義務付け 警察庁 秋からモデル講習
始業式帰りの中学生4人はねられ負傷
茨城、事故死者数ワースト返上へ 春の全国交通安全運動始まる 
飲酒運転の小学校教頭を停職6月 熊本県教育委員会
飲酒運転で選管事務局長を諭旨免職 佐賀・唐津市
「中国内陸部の資源事情とは…?」

民主、自民両党に地方消費税の拡充要請 全国知事会(産経新聞)
パトカーと軽衝突、女性骨折=群馬(時事通信)
<柳家花緑さん>結婚 お相手は年上の一般女性(毎日新聞)
<虐待>3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多(毎日新聞)
奈良公園のシカに矢 撃った容疑2人逮捕(産経新聞)

<山崎宇宙飛行士>ISSで野口宇宙飛行士と対面(毎日新聞)

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】山崎直子宇宙飛行士(39)ら日米の7人を乗せたスペースシャトル「ディスカバリー」は米中部時間7日午前2時44分(日本時間7日午後4時44分)、地球を周回する国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングした。約1時間半後、ディスカバリーとISS双方のハッチが開かれ、山崎さんらがISSに入室。ISSに長期滞在中の野口聡一宇宙飛行士(44)と対面した。宇宙で日本人2人が顔を合わせる史上初めての場面が実現した。

 シャトルは5日に打ち上げられ、軌道を調整しつつISSに慎重に接近。ドッキングした後、気密状態などをチェックしハッチを開放。シャトルの乗組員がISSに入室した。野口さんのほか米国のティモシー・クリーマーさん(50)が出迎えた。

【関連ニュース
野口宇宙飛行士:実験棟のロボットアーム組み立て作業
野口宇宙飛行士:無重量の宇宙で「おもしろ実験」
野口飛行士:宇宙で絵本を読み聞かせ 都内の児童に
野口宇宙飛行士:「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励
野口飛行士:宇宙からDJ 「きぼう」で初ラジオ収録

日米首脳会談なし、代わりに隣り合わせの夕食会(読売新聞)
TBSの責任指摘 郵便物開封問題でBPO(産経新聞)
民主、参院定数削減数明記へ 参院選マニフェスト(産経新聞)
校庭にミカン苗植えた男、威力業務妨害容疑で逮捕(読売新聞)
<薬師寺>国宝・東塔の内陣公開始まる(毎日新聞)

<民主党>特別会計の検証開始 5月に提言へ(毎日新聞)

 民主党は6日、国の特別会計に関する「検証チーム」の初会合を開いた。衆参両院の財務、決算関係の委員会に所属する約100人が17の特別会計ごとにグループを結成。5月初旬をめどに必要性の薄い特別会計の統廃合などを政府に提言する。11年度予算編成の財源確保につなげるとともに、参院選に向けたマニフェスト(政権公約)の見直し作業に反映させたい考え。政府の行政刷新会議が事業仕分け第2弾で独立行政法人と公益法人の改革を優先させることから、特別会計の改革論議は党側が進める形で役割分担を図る。

【関連ニュース
鳩山首相:マニフェスト修正に前向き
与謝野・平沼新党:民主、「第三極」を警戒
連合:参院選に向け「小沢批判」地方で拡大 火消し急ぐ
後半国会:参院選にらみ攻防 公約実現VS政治とカネ
鳩山首相:連合会長と「政府・連合トップ会談」

【from Editor】邦夫さんたち、違うだろう(産経新聞)
【1都4県週刊知事】千葉 森田健作知事 「県庁の巨匠」になれ(産経新聞)
<囲碁>本因坊戦 山下天元が挑戦…3連覇目指す羽根に(毎日新聞)
郵貯「肥大化しない」=預入限度額引き上げ−鳩山首相(時事通信)
蓮池さん家族、給付金を辞退=「自立、確立できた」−新潟(時事通信)

寺で火災、80代夫婦死亡=住職の両親−福井(時事通信)

 29日午後6時35分ごろ、福井松本の照護寺で火災があり、鉄筋コンクリート造り本堂兼住宅の1階住宅部分約110平方メートルを焼いた。住職武田照寧さん(62)の父照淳さん(88)と母佐喜子さん(86)が1階に倒れているのを救出され病院に搬送されたが、間もなく2人とも死亡が確認された。
 県警福井署によると、寺には武田さん夫妻と照淳さん、佐喜子さんの4人が住んでいた。出火当時、武田さん夫妻は外出中で無事だった。 

【関連ニュース
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
「住宅」のまま用途変更せず=グループホーム火災
民家火災で3人死傷=2階から遺体、10代の息子か
住宅火災で男児2人死傷=1歳と3歳、煙に巻かれる
寺放火の疑い、僧侶逮捕=火災保険3億円

鳩山事務所リストラ、背景に母の援助切れか(読売新聞)
「元教諭から性的虐待」民事2審で賠償増額(読売新聞)
「法的措置を検討」=警視庁発表にアレフ−長官銃撃(時事通信)
<児童虐待>厚労省と文科省が指針策定(毎日新聞)
皇太子ご一家、長野でご静養(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。