So-net無料ブログ作成
検索選択

卵巣がん関連の診断群5分類を出来高に―DPC分科会(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協)のDPC評価分科会(分科会長=西岡清・横浜市立みなと赤十字病院名誉院長)は5月19日、「卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍」に関連する5つの診断群分類を2012年度の診療報酬改定まで出来高算定とすることを決めた。

 08年4月-今年3月に新たに薬価収載されたり、効能追加されたりした高額薬剤23製品(19薬効)を厚生労働省が比較したところ、抗がん剤の「ドキソルビシン」(製品名=ドキシル注20mg)を使うと、平均在院日数が短くなる上に、1入院当たりのコストが高くなることが判明したという。

 このため同省では、ドキソルビシンを使用する5つの診断群分類について、「今年度の改定で別の診断群分類を設定した包括評価の導入を検討する必要があった」と判断した。ただ、2年後に予定している次の報酬改定を待たずに診断群分類を見直すと、対象病院の実務に与える影響が著しいと考えられるため、これらを当面は出来高算定にし、12年度の報酬改定で分類を見直すことにした。

 見直しの対象になるのは、いずれも卵巣がん関連の「120010xx97x40x」など5つの分類で、ドキソルビシンを使用しているかどうかにかかわらず出来高算定にする。
 近く開かれる中医協総会で正式決定する。

 ドキソルビシンの取り扱いをめぐっては、患者からも見直しを求める声があり、足立信也厚労政務官は同日の政策会議後の記者会見で、「中医協の総会で認められれば、6月から出来高払いになる。医療機関、患者さん共に利用しやすくなると思う」と述べた。


【関連記事】
患者住所の郵便番号など新たに収集へ―今年度のDPC調査
DPC病院拡大で後発品売上高が20%増加―日本ケミファ
DPC影響評価の調査「様式1」見直し、意見まとまらず
卵巣がん患者会からドラッグ・ラグ問題でヒアリング―薬害再発防止検討委
DPC新係数に5.6倍の開き−厚労省が告示

H2Aロケット 新たな打ち上げ予定は21日早朝(毎日新聞)
<COP10>「10月に名古屋」覚えて 地元の認知度7割(毎日新聞)
小沢氏、証人喚問出席「考えておりません」(産経新聞)
<木曽三川公園>シャーレーポピー風に揺れ 愛知・一宮(毎日新聞)
警部補ら2人懲戒免職=暴力団周辺から借金、腕時計―奈良県警(時事通信)

飲酒発覚逃れ軽トラ、信号無視繰り返しパトカーに衝突 男を逮捕(産経新聞)

 信号無視を繰り返し、追跡してきたパトカーに軽トラックをぶつけ逃走したとして、大阪府警岸和田署は7日、公務執行妨害と器物損壊の疑いで、大阪府岸和田市春木大小路町の大工、立住守容疑者(42)を逮捕。「酒を飲んだから逃げた。パトカーにぶつかったのは間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は6日午後11時15分ごろ、同市港緑町の府道で、運転していた軽トラックで転回禁止の交差点をUターン。発見した同署のパトカーの停車指示に従わず、信号無視を繰り返して逃走した。さらに約600メートル離れた府道交差点で、追跡してきたパトカーに軽トラックをぶつけ、逃げたとしている。

 パトカーの男性巡査部長(53)ら2人にけがはなかった。

 同署によると、ナンバープレートなどから立住容疑者を特定。当時の飲酒状況などを調べている。

【関連記事】
パトカー追跡車衝突、部品飛び別の車直撃で無関係の女性死亡
成人式場で飲酒、警備担当に傷害容疑 無職20歳男を逮捕
事故死者96人、初の2けた 春の交通安全運動まとめ
運転免許取り消し処分者 飲酒日記 義務付け 警察庁 秋からモデル講習
AKB48が秋葉原で飲酒運転撲滅呼びかけ
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

千葉・医療再生の序章(中)―東部の二次医療圏に救命救急センターを(医療介護CBニュース)
アイスランドの火山灰影響、成田発着2便欠航(読売新聞)
タプロスの伸長も国内医療用眼科薬の売り上げは横ばい―参天製薬(医療介護CBニュース)
小沢氏、参院選への意気込み語る「マスコミの予想が外れるよう全力で頑張る」(産経新聞)
<小1重傷>捜査車両がはね 兵庫・伊丹(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。